「地方議員の報酬が高い」主要20自治体ランキング

「地方議員の報酬が高い」主要20自治体ランキング

地方議員が得ている報酬の実態を探ります(写真:Graphs/PIXTA)

日本には「地方議員」が3万人も存在します。ある報道機関の調査によれば、議員報酬をめぐる問題を挙げた議員が多く、「少なすぎる」「これでは議員活動ができない」という声が散見されました。地方議会の関心は低く、議会への関心を高める施策が必要になります。本稿では、地方議員の状況なども踏まえながら、その実態について鳥瞰してみます。

中野区議会議員の議員報酬は1152万円日本における市区町村は、2022年9月時点で1741存在します。今回、政令指定都市を中心に地方議会議員の報酬調査を行いました。政令指定都市とは、法定人口が50万人以上で、かつ政令により指定された市のことです。2015年の国勢調査によれば、20市の人口の総計は2750万人です。日本国内における人口の約2割が集中しています。

<議員報酬算出方法>

私が住んでいる中野区を例にとります。「中野区議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例」によれば区議会議員の報酬は月額58万9000円です。

年額報酬を算出してみます。

A−58万9000円×12カ月=基本706万8000円
B−58万9000円×4カ月=期末手当(ボーナス)235万6000円
A+B=年額942万4000円

次に、その他の手当を算出します。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)