孫23頭!30歳になったパンダ「永明」のすごい過去

孫23頭!30歳になったパンダ「永明」のすごい過去

アドベンチャーワールドで30歳の誕生日を迎えた2022年9月14日朝の永明(筆者撮影)

扉の向こうから登場すると、氷で作られた「HAPPY BIRTHDAY」の匂いを嗅いだ雄のジャイアントパンダの永明(えいめい)。その後、室内運動場をチェックするようにゆっくり歩いて1周し、安心したのか、氷のそばに戻って竹を食べ始めた。永明は味にうるさいが、この竹は気に入ったらしい。

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで暮らす永明はこの日、9月14日に30歳の誕生日を迎えた。1972年10月28日に日本に初めてパンダが来てから、今年でちょうど50年。数カ月間の短期滞在のパンダと生後間もなく死んだパンダを含めると、50年間で約50頭が日本で暮らしたが、日本で30歳を迎えたパンダは永明が初めてだ。

パンダの平均寿命は「野生下で約15歳、飼育下で約20〜30歳」「雄は17歳、雌は22歳」など諸説あるが、いずれにしても永明はかなりの高齢。現在、飼育下で生存している雄のパンダで、永明は世界で2番目に高齢とのことだ。

孫は23頭、ひ孫は3頭日本で生まれて、無事に育った永明の子どもの数は16頭に上る。さらに中国にも1頭いた。永明の精子を中国へ送り、人工授精で雌のシューラン(蜀蘭)が生んだランバオ(蘭宝、2012年死亡)だ。

ちなみにシューランは、永明と交尾して6頭を生み育てた梅梅(めいめい、2008年死亡)の双子の姉。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)