「やる気エンジンを動かすにはほめる」が納得の訳

「やる気エンジンを動かすにはほめる」が納得の訳

好き嫌いや苦手意識がじゃまして、やる気が芽生えないという方もいるのではないでしょうか(写真:Graphs/PIXTA)

仕事や人生がうまくいっている人に共通するのは、「すぐやる」ということです。一方で、やるべきことをいつまでも後回しにして、後悔ばかりしている人もいます。その差は、一体何でしょうか。

「世界一受けたい授業」(日本テレビ)に出演した明治大学の人気教授、堀田秀吾さんが、「どうすればすぐに行動できるのか?」を考察しながら、科学的に行動力を上げる方法を集めた書籍『世界最先端の研究が導き出した、「すぐやる」超習慣』を出版しました。

ここでは、本書から一部抜粋し再構成のうえ、誰でもできる「すぐやる」コツを3回にわたって紹介します(今回は2回目になります)。

1回目:研究で判明「移動中や旅先で仕事がはかどる」理由

まずはこんな会話からご紹介しましょう。

B「最近、太ったからやせたいなあ」
A「ダイエットするんだったら、定期的にジムに行ったりしたらいいんじゃない?」
B「でも、お金がかかりそうだから、もっとコスパよく、やせたいんだよね」
A「だったら、ジョギングがいいんじゃない? タダだし、場所も選ばないし」
B「う〜ん、走るのは嫌いでさぁ。あんまりモチベーションが上がらないなぁ」

Bさんのように自分のこだわり、好き嫌いや苦手意識がじゃまして、やる気が芽生えないという方もいるのではないでしょうか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)