「仕事が早い人」「遅い人」を分ける意外なポイント

「仕事が早い人」「遅い人」を分ける意外なポイント

リモートワークが普及した現在、モノ選びの基準も変化しています(写真:Graphs/PIXTA)

リモートワークがすっかり普及した今、自宅外のカフェやファミレスなどで仕事する人も多いでしょう。しかし、充電器、モバイルバッテリー、マウス……などのガジェットにまで気を配っている人は少ないのでは。

仕事を効率化するためのモノ選びについて綴った高澤けーすけさんの書籍『デジタルライフ・モノワーカー モノ選びで劇的に豊かになる仕事術』から一部抜粋・再構成してお届けします。



どこでも仕事ができるモノ選びをリモートワークが重視される時代になり、働き方は本当に多様になりました。

いくら自宅を整理しても、音楽やコーヒーでリセットを図っても、なぜか集中できない時があります。そんな時はカフェでガッと集中するのがおすすめ。

環境も変わり、程よいざわつきが集中のきっかけにもなります。僕の場合は朝カフェに行ったら午後は自宅、逆に朝自宅で作業をしたら午後はカフェに……などと時間を分けて作業をすることが多くあります。

自宅でもカフェでも同じように集中して仕事をするために、持ち物にはこだわりを持っています。

まずはPCの充電器。充電器はコンパクトかつ軽量のモノを選んでいます。具体的には、CIO Lilnobですね。持ち運びがラクなのはもちろん、カフェのコンセントは差し込み口が狭かったり緩んでいたりもするので、コンパクトで軽量なプラグでないと使えない場合も多くあります。

また万が一充電器が使えなかった時のために、モバイルバッテリーも用意しています。モバイルバッテリーは30W出力のモノを選定していて、今自分の持っているMacBook Proでもギリギリ充電ができます。

出力の弱いモバイルバッテリーだと給電はできても充電ができないモノもあるので、そのあたりも注意が必要です。

続きは 東洋経済オンライン で

関連記事(外部サイト)