日経平均は2万2100円まで戻る可能性がある

日経平均は2万2100円まで戻る可能性がある

日経平均は遅まきながらもう一段上昇するのだろうか(写真:soulman/PIXTA)

日本株がようやく出直ってきた。もう一段の上昇のカギはアメリカ株や中国株にあるかもしれない。中国株はここへ来て底入れ感が台頭。2018年は大きく下げただけに、戻り余地があるかもしれない。一方、先行するアメリカ株は2018年10月以降から年末にかけての下落から8割超も戻した。これに対して、日本株は日経平均株価で見てなお4割程度。つまり反発力はアメリカの半分にとどまる。今後、中国株の戻り等が出遅れている日本株を押し上げるのだろうか。アメリカ株も含め、テクニカル面から今後の相場の方向性を探る。

■上海株の「3000ポイント回復」はあるか

中国政府は2018年秋、インフラ投資の拡大や個人の所得減税等を打ち出した。その景気対策の規模は40兆円近くにのぼる。さらに2019年に入って、教育支出や住宅ローン等の税控除も追加され、個人の可処分所得(手取り額)が徐々に増えているもようだ。

つぶさにみると、モノ(買い物)はあまり動いてないが、どうやら「ヒト&コト(旅行)」は活発に動いているようだ。2019年2月の春節では国内旅行者が4億人超、海外旅行者が700万人に達した。中国国民の3人に1人が出掛けた計算となり、その旅行消費額は8兆円近くに及んだもようだ。足元の平均消費性向(可処分所得に占める消費の割合)も再び改善しており、個人の消費マインドに明るさもうかがえる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)