カレーに「福神漬」を入れる人が知らない"真実"

カレーに「福神漬」を入れる人が知らない"真実"

カレーに福神漬。いつからカレーのお供として食べられるようになったのでしょうか(写真: Caito/ PIXTA)

カレーのお供といえば福神漬。現在はもっぱらカレーの付け合わせとして有名ですが、福神漬はもともとご飯を食べるための漬物として販売され、普及しました。

老舗漬物屋の酒悦は福神漬を販売する際に、作家である梅亭金鵞(ばいていきんが)に宣伝用のキャッチコピー作成を依頼しました(『食道楽 1931(昭和6)年2月号』所収の「江戸趣味漫話」)。

その宣伝コピーは、福神漬でご飯を食べると他におかずがいらないので節約になる、という内容でした。「ご飯のお供」を前面に打ち出して売り出したわけです。

日清・日露戦争で福神漬が全国に普及東京生まれの福神漬が全国に普及したきっかけは、日清・日露戦争でした(風戸弥太郎編『大日本洋酒罐詰沿革史』、木下浅吉 『醤油・味噌・アミノ酸』)。

当時の兵食はご飯を大量に食べてカロリーとタンパク質を摂取するというものでした。陸軍ですと、1人1日6合という、大量のご飯・麦飯を食べます。その「ご飯のお供」、つまり食欲増進剤として消費されたのが、缶詰の福神漬でした。

もともと福神漬は、缶詰にすることを前提に開発された漬物です。当時の代表的な漬物、ぬか漬けの自然発酵たくあんは、すぐ腐ったりカビたりしました。一方、缶詰の福神漬は戦地でも腐らないということで、軍に重用されました。



日清戦争後に出版された平出鏗二郎『東京風俗志 中巻』は、“近時福神漬と稱(とな)ふるもの、茶漬の菜などに美(うま)しとて、甚だ稱(しょう)せらる。これ等を賣る店も町々に多し”と、東京の市中にお茶漬けのおかず(菜)として福神漬が広まっていったさまを描写しています。

続きは 東洋経済オンライン で

関連記事(外部サイト)