iPhone利用者が今AirPodsを予約すべき理由

iPhone利用者が今AirPodsを予約すべき理由

いまApple Storeで注文しても、届くのは7月という「AirPods」税別1万6800円(筆者撮影)

左右独立型Bluetoothイヤホン「AirPods」は2016年9月の発表から、発売が大幅に遅れ、しかもその出荷台数が限られていた。そのため、注文してから手元に届くまでに2カ月近くを必要とするような状況が続いてきた。現在は多少改善しているが、それでも2017年5月時点でオンラインのApple Storeでの納期は6週間と表示されている。

入手困難な状態が続いている。しかし、もし読者のみなさんが今後もiPhoneを使い続けるつもりならば、AirPodsは今のうちに予約しておいたほうがいいかもしれない。今後ますますiPhoneのユーザー体験を構成する重要なツールになることが予想され、さらに入手困難度が高まるかもしれないからだ。

その理由はスマートフォンにおける「音声アシスタント機能」(会話型人工知能)の躍進にある。

■グーグルの音声アシスタントがiPhoneでも

グーグルは、5月17〜19日、米国カリフォルニア州マウンテンビューで開発者会議「Google I/O」を開催。その場で、最新のAndroid OSやVR(仮想現実)プラットホーム、カメラを用いて情報検索やアクションを行うGoogle Lensなどの最新サービスを披露した。

その中には、音声アシスタント「Googleアシスタント」も含まれていた。すでに米国で発売済みのGoogleアシスタント対応スマートスピーカー「Google Home」が、音声通話機能やBluetoothスピーカー機能などを追加したうえで、日本を含む数カ国で年内にも発売の予定だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)