中華スマホ「オッポとビーボ」が爆走する秘密

中華スマホ「オッポとビーボ」が爆走する秘密

オッポやビーボなど多くの中国メーカーは、新興国に進出し成長を遂げている(写真:Sarah Tirona)

どの携帯会社の回線でも使える「SIMフリースマートフォン」市場が拡大したことで、最近では日本にもいくつかの中国系メーカーが参入し、注目されるようになった。だが、特に中国には多くのスマホメーカーが存在し、しのぎを削っている。われわれが目にしている中国メーカーは、実はそのごく一部にすぎないのだ。

米調査会社のガートナーが2月に発表した調査結果では、2016年10〜12月期の世界スマホ販売台数のトップ5は、韓国サムスン電子と米アップル以外は中国メーカーであり、ファーウェイに次ぐのはオッポ(Oppo)、そしてビーボ(Vivo)のブランドでスマホを販売するBBK Communication Equipmentといった、日本に進出していないメーカーだ。

その後に続くメーカーも、多くを中国メーカーが占めるのではないかといわれている。それほど、われわれがよく知らない中国メーカーが世界のスマホ市場で大きな影響力を発揮している。

■ニーズを的確にとらえる、開発のスピード感

なぜ中国メーカーの販売シェアが伸びているのか。それは近年、世界最大ともいわれる中国市場が急成長したことが大きい。だが中国でも、かつてはサムスンやアップルなどの外資系メーカーが市場を席巻しており、地場メーカーの存在はそれほど大きいものではなかった。

地場メーカーが外資系から人気を奪った理由は、現地のニーズを的確にとらえ、それをスマホ開発に生かすスピード感にあるといえよう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)