「マンホール」から測るプロ野球の地域密着度

「マンホール」から測るプロ野球の地域密着度

仙台市で4月2日、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの「ご当地マンホール」が設置され、除幕式が行われた。奥山恵美子市長や、デザインが採用された地元の小学生らが参加し、マンホールがお披露目された(写真:東北楽天ゴールデンイーグルス提供)

今年のプロ野球が3月31日に開幕して、はや2カ月が経とうとしている。下馬評を覆す快進撃を見せて、パ・リーグ首位に立っているのは、昨年5位の東北楽天ゴールデンイーグルス。その本拠地・Koboパーク宮城に向かって、JR仙台駅から延びる宮城野通りに、4月2日、「イーグルス柄」のマンホールがお目見えした。

全21種類のデザインは、球団が昨年10月下旬から1カ月間、市民から募集。約70案の応募があり、その中から球団がデザインを選定し、仙台市の費用で製造・設置した。

道を歩けば、どこでも見掛けるありふれた存在のマンホール。だが、実は数年前からじわりと注目が高まってきている。

かつては、味気ない見た目だったマンホールのふたを、その土地にちなんだデザインで造る「ご当地マンホール」がちょっとしたブームになっているからだ。

マンホールのふたを撮影してインスタグラムなどにアップする「マンホーラー」も登場、女性のマンホーラーを指して「蓋女(ふたじょ)」とも呼ぶらしい。2016年4月からは、下水道への理解を深めてもらう目的で、全国自治体が「ご当地マンホールカード」の無料配布も始めている。

■「球団マンホール」があるのは、全国で5つの自治体

プロ野球の本拠地の自治体にとって、多くの地元ファンがいる球団はご当地マンホールにしやすいテーマだと思う。だが、実際にプロ野球12球団の地元で、ご当地マンホールにプロ野球の絵柄を使っている自治体は、今回、楽天のマンホールを設置した仙台市で5つ目。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)