嫌われる人の「聞く態度」、よくある7大NGは?

嫌われる人の「聞く態度」、よくある7大NGは?

まわりから嫌われてしまう「聞く態度」とは?(写真:tomos / PIXTA)

みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。

このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。

前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。

第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。この連載では、どうすれば人に好かれ、会話が盛り上がる「聞く力」が身に付くのかをお伝えしていきます!

本記事では「嫌われる人の聞く態度・しぐさ」を7つ紹介します。

■「聞く態度」は、言葉より大切なときも

「なんか、この人、感じが悪いな」とまわりの人から嫌われる。「この人と話をしても、楽しくないな」と相手との会話が盛り上がらない……。

こんなときは、「話している中身」以上に、実は「話を聞く態度・しぐさ」に原因があるケースが少なくありません。

本人は無意識に行っていることでも、相手を不愉快にさせてしまう「聞く態度・しぐさ」は、思った以上にたくさんあります。

時として「聞く態度・しぐさ」は、「話の中身」以上に大切です。聞き方の「態度・しぐさ」が悪いと、それだけで印象が悪くなり、仕事でも日常会話でもまわりから嫌われてしまいます。

では、どんな「聞く態度・しぐさ」がよくないのか? ここでは、ついやってしまいがちな7つのNGを紹介します。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)