一目置かれる人は「未来の記憶」を操っている

一目置かれる人は「未来の記憶」を操っている

「リーダーシップ」を発揮するために必要なこととは?(写真 : xiangtao / PIXTA)

新年度に入り、新しく部下ができた人もいるだろう。しかし、人を指導するということは思った以上に難しく、うまく「人を動かせない」「人がついてこない」と悩む人も多いのではないだろうか。

「リーダーシップ」の発揮には、先を見通す「未来記憶(展望記憶)」の活用が有効だ、と言うのは、長年の実践研究と脳科学や心理学、認知科学の知見から独自の勉強法を確立している学習コンサルタント・宇都出雅巳氏。彼が、近著『記憶力が最強のビジネススキルである』にもまとめた、記憶の活用術を聞いた。

■リーダーに必要なのは「未来に対する強いビジョン」

認知心理学の言葉に「展望記憶」というものがあります。これは、簡単に言うと“未来に対する記憶”です。

たとえば、「図書館で借りた本をこの日に返さなくては」「午後から雨が降りそうだから、家を出るときに傘を持っていこう」といった近い未来の物事から、「将来はこんな事業を立ち上げるぞ」「老後のためにこれだけの貯蓄をしておこう」といった遠い先の展望まで、未来に向かっての想像がこれにあたります。

そう、展望記憶というものは、非常に身近な、誰でも日常的に考えていることなのです。

この、未来に対する展望記憶、いわば「未来記憶」というものは、自分の人生設計のみならず、リーダーシップを発揮する際に非常に重要となるものです。

リーダーに本当に必要なのは、「コミュニケーション術」や「慕われる話し方」といった目先のテクニックではありません。人を動かすために本当に必要なのは「ビジョン」です。目指すところが明確でなければ、いくら話し方を変えても、メンバーとのコミュニケーションを増やしても、どこにも向かうことができないからです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)