カール東・西日本で売上同等

カール東・西日本で売上同等

「カール」販売やめる東日本での本当の売れ方

「カール」販売やめる東日本での本当の売れ方

一時代を築いたロングセラーが東日本から姿を消す

「それにつけても、おやつはカール♪」

カールおじさんとその仲間たちによる「おらが村」を舞台にした愉快な光景と、耳に残るメロディが特徴的なテレビCMを知らない人は少ないだろう。明治「カール」。トウモロコシを原料に油で揚げずにつくるスナック菓子だ。日本では「お菓子=甘いもの」というイメージがあった1968年に、画期的な商品として登場。以後、ロングセラー商品となっている。

そのカールをめぐる衝撃的なニュースが入ってきた。カールを生産・販売する明治は5月25日、「カールうすあじ」「カールチーズあじ」の全国販売をやめ、西日本地域のみの販売に切り替えると発表した。8月生産分をもって福井県、岐阜県、三重県よりも東の地域ではカールが店頭に並ばなくなる。「カールカレーあじ」「大人の贅沢カール」「小つぶカール」については全国的に生産・販売をやめる。

現在、国内5拠点(山形県上山市、埼玉県坂戸市、静岡県藤枝市、大阪府高槻市、愛媛県松山市)の工場に分散している生産も愛媛にある子会社、四国明治の松山工場(松山市)に一本化するという。

■なぜ東日本だけ販売をやめるのか

カールはピークの1990年代に小売りベースで年間約190億円の売り上げを誇ったときもあったが、直近は同60億円程度と3分の1程度まで縮小。生産・販売体制の見直しが必要になったようだが、なぜ東日本だけ販売をやめるのか。逆に西日本では販売を継続するのか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)