いきなりステーキは「超常連」も半端なかった

いきなりステーキは「超常連」も半端なかった

「シャッター通りにも出店します!」元気にあいさつした一瀬社長(写真:ペッパーフードサービス)

クライマックスとなるじゃんけん大会。音頭をとるペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長と対峙するのは、100人を超える「いきなり!ステーキ」のファンたちだ。「最初はグー、じゃんけんぽん!」。大人たちが拳が振りかざし、その度に歓声が上がる。まるで人気アーティストのライブの一幕のようだった。

5月24日夜、上野駅前にある「いきなり!ペッパーランチダイナーUENO3153店」に120人が詰めかけた。彼らはいきなりステーキの熱烈なファンだ。

この日行われたのは月に1度開催される「肉友クラブパーティ」。いきなりステーキの熱心なファンが集まり、一瀬社長とともに交流を深める会だ。

冒頭、一瀬社長が「まだまだ出店余地がある。今後は地方再生のため、シャッター通りにも出店していきます!」とあいさつすると会場は拍手と歓声に包まれた。

■ユーザー同士が競争する「肉マイレージ」

この日集まったファンは、いきなりステーキのポイントプログラムである「肉マイレージカード」の会員。このカードは、食べた肉のグラム数に応じて「肉マイレージ」と呼ばれるポイントが貯まっていく仕組みだ。メンバーズカード(累計3キログラム未満まで)、ゴールドカード(3キログラム以上)、プラチナカード(20キログラム以上)、ダイヤモンドカード(100キログラム以上)と4種類のカードランクがある。





たとえばゴールドカードの場合、来店の度に通常300円で提供している黒烏龍茶などが1杯無料になる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)