進むユーロ高、ECBは本当に「脱緩和」なのか

進むユーロ高、ECBは本当に「脱緩和」なのか

6月のECB(欧州中央銀行)理事会でドラギ総裁はどう動くのか(写真:AP/アフロ)

ユーロ高が進んでいる。フランス大統領選挙という大きな山を越えて、欧州の政治リスクへの懸念が後退、経済の意外な強さに目が向きやすくなったからだ。

ユーロ圏では、過去4年にわたり景気が拡大しているが、ここにきてそのピッチはわずかながらも速まっている。今年1〜3月期のユーロ圏実質GDP(国内総生産)成長率は前期比年率2%。2016年10〜12月期の同1.9%に続き、1%台前半とみられる潜在成長率を大きく超えた。実質GDPとの連動性が高い総合購買担当者指数(PMI)は5月速報値が56.8と、およそ6年ぶりの高水準。雇用・所得環境の改善を背景とする個人消費が牽引役だが、世界金融危機以降、低調に推移してきた投資も勢いが出つつある。米国、中国など域外向けの輸出も持ち直している。

デフレの脅威も後退している。4月のCPI(消費者物価指数)上昇率は前年同月比1.9%。今年に入ってから、イースター休暇の日程が影響した3月の同1.5%を除いて、ECB(欧州中央銀行)が安定水準と見なす「2%以下でその近辺」の圏内にある。原油価格の押し上げ効果が大きいが、ゼロ近辺で推移していた1年前とは様変わりした。

■ECBは6月に政策の軌道修正を進めるのか

景気・物価の上振れを受けて、ECBが次回6月8日の政策理事会で、「デフレリスク回避」を目的とした政策からの脱却をさらに進めるのではないか、という観測が浮上した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)