名ばかり部長を生む「役職と序列」のカラクリ

名ばかり部長を生む「役職と序列」のカラクリ

マネージャー、リーダ―、いったい、どの役職の人がいちばん偉いのか。その序列は会社によってまちまちです (写真:Satoshi KOHNO / PIXTA)

「チーフマネジャー、統括マネジャー、シニアマネジャー。いったい誰がいちばん偉いのか」「名刺に『主査』とあるけど、どんな役職なんだろう」

■同じ役職名でも、会社ごとに意味は違う!

?社会人になり、社外の人と仕事をするようになると、戸惑ってしまうのが、相手の「役職」だ。聞いただけでは意味がわからない役職もあれば、似たような肩書の人が同じ会社の中にたくさんいることもある。「役職、こんなに必要なの?」と思った人もいるだろう。

「役職は、各社で自由に決めていいもの。それゆえに、同じ役職名でも、会社によってまったく意味が違うこともありますが、必要性があるから付けていることは確かです」と、解説するのは、『人事部は見ている。』(日本経済新聞出版社)、『定年後』(中央公論新社)などの著書で知られる人事・キャリアコンサルタントの楠木新氏だ。楠木氏の協力を得ながら、「役職の基本」をまとめたので、これからの社会人生活に役立ててほしい。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)