ローソン総会、「スター経営者」の寂しい退場

ローソン総会、「スター経営者」の寂しい退場

5月30日に開かれたローソンの定時株主総会。総会の最後に玉塚元一氏が会長退任のあいさつを行った(記者撮影)

「私が6年半やってきたことは、加盟店さんが働いている現場で生まれた知恵を実行に移す。ただその1点だったと思っている」。会長退任にあたり、株主の前で玉塚元一氏はそう語った。

ローソンは5月30日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで定時株主総会を開いた。竹増貞信社長が初めて議長を務めた株主総会は午前10時に開始。監査報告や事業報告、議案説明の後、株主からの質疑応答を受けた。正午前にすべての議事が終了した後、竹増社長に促されて、玉塚氏が退任のあいさつに臨んだ。

■「ローソン・玉塚」の最後の言葉

玉塚氏はカジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング社長などを経て、2010年にローソンに入社。2014年に社長となり、”スター経営者”の手腕に注目が集まった。

だが、2016年6月に三菱商事出身の竹増氏が社長に就任。玉塚氏は会長となったものの、今年4月に突如退任を発表した。今回の総会が「ローソンの玉塚」として最後の日となった。

玉塚氏は「高齢化と核家族化は間違いなくコンビニエンスストアという“ご近所のお店”にとってフォローの風になる。ローソンに対する期待値はますます高まっていく」と強調。一方、「生産年齢人口はこの5〜10年で1000万人近く減る。生産性の低いお店や企業は淘汰されていく厳しい現実がある」と述べた。

そして最後に「明日から私も一株主、一消費者としてローソンを徹底的に応援する。私がセブン-イレブンの店に入るのを見たら、パチっと写真を撮って攻撃していただきたい。6年半、大変にお世話になりました」とメッセージを送った。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)