「最強の戦国武将」は結局、誰だったのか?

「最強の戦国武将」は結局、誰だったのか?

戦国武将たちの中で、最強と呼べる人物はいったい誰なのか(写真:近現代PL/アフロ)

織田信長や豊臣秀吉をはじめとする数々の英雄が誕生した戦国時代。

強い者が弱い者を倒して生き残る下克上の世は、誰もが一国一城の主はおろか天下を握るチャンスさえ持っていた。その結果、出自は問わず、持って生まれた才能と実力のみで、大きく躍進を遂げた者も数多い。

そんなあまたの戦国武将たちの中で、最強と呼べる人物はいったい誰だったのか?

「日本史を学び直すための最良の書」として、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計20万部のベストセラーになっている。

本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「戦国最強の武将」を解説する。

■確かに「戦国の覇者」は徳川家康だが…

1467年に京都で始まった「応仁の乱」。

足かけ11年にわたるこの戦いの終結後も、各地では争乱がやまず、その後100年以上ものあいだ、長く激しい戦乱の嵐が吹き荒れました。

現代の私たちが「戦国時代」と呼ぶこの期間には、国内各地で群雄がひしめき、その中で数多くの伝説的英雄が誕生しています。

彼らは歴史の教科書に限らず、テレビドラマや漫画、ゲームなどでも頻繁に取り上げられ、織田信長をはじめ伊達政宗や真田幸村などは、いまなお多くのファンから支持を受けています。

そんな多くの戦国の英雄たちの中で、「『最強』の名にふさわしい武将」はいったい誰なのでしょう。

今回は「戦国最強の武将」をテーマに、さまざまな「強さ」を持った個性あふれる戦国武将たちについて解説します。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)