嫌われる人の「ウザい雑談」、よくある7大NG

嫌われる人の「ウザい雑談」、よくある7大NG

「雑談」で嫌われてしまう聞き方・話し方をしていませんか?(写真 :マハロ / PIXTA)

みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。

このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。

前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。

第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。この連載では、どうすれば人に好かれ、会話が盛り上がる「聞く力」が身に付くのかをお伝えしていきます!

本記事では「雑談の場で嫌われてしまう聞き方・話し方」7つをご紹介します。

■実は「雑談が苦手」な人が多い

最近は、雑談に関する本がいくつもベストセラーになっています。しかし雑談についての本が売れるということは、それだけ「雑談が苦手」という人が多いことを証明しているとも言えそうです。

雑談が難しいのは、仕事で会った初対面の人とか、あまり親しくない間柄の人など、「ちょっと距離のある相手」と話さなくてはならない場合です。

「会話が続かない」「話題が見つからない」など、いろいろ苦手な要素もあるかと思いますが、「雑談下手」で相手に嫌われてしまったら、せっかくのチャンスも台無しです。

では、どんな雑談が相手に嫌われるのか? ここでは、嫌われる人がやりがちな「雑談7つのNG」を紹介しましょう。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)