NYダウに不気味な売りサイン

NYダウに不気味な売りサイン

日経平均2万円でもNYダウに不吉なサイン

日経平均2万円でもNYダウに不吉なサイン

NYダウは最高値、日経平均も2万円台を回復。だがその一方でNYダウに不気味な「売りサイン」が点灯。前回の点灯時には、NYダウは結果的に約3000ドル下落している(写真:ロイター/アフロ)

6月2日の日経平均株価は、ついに2万円の大台を回復した。取引時間中としては2015年12月2日以来、終値では同12月1日(2万0012円)以来のことだ。

2日の前の6月1日も上昇で始まったわけだが、月初めの上昇は昨年7月以降、これで12カ月連続だ。売られすぎ、買われすぎを示すテクニカル分析の1つである「サイコロジカル・ライン」で例えると「12勝0敗(100%)」である。2万円回復は日本株への影響力が大きい米国株式市場の好調(1日はNYダウなどの3つの主要指数がそろって最高値更新)が大きいが、そのNYダウでは、あるテクニカル分析で「不気味な売りサイン」が点灯した。昨年10月にも点灯寸前までいった「ヒンデンブルグ・オーメン」である。

■不気味な指標「ヒンデンブルグ・オーメン」とは?

市場でも「ややマイナー」なテクニカル分析の手法であるため、まずヒンデンブルグ・オーメンを紹介したい。ヒンデンブルグ・オーメン(Hindenburg Omen)は、株価暴落の前兆とされるシグナル(サイン)のことを指す。

名前の由来は、1937年に米国のニュージャージー州で発生したドイツの飛行船「ヒンデンブルク号」の爆発事故に由来する。そして、オーメンはひらたくいうと、ここでは「良くないことが起こる前兆」という意味だ。ネガティブな言葉が組み合わさったこのテクニカル分析は、盲目の物理数学者であるジム・ミーカ氏が考案したNYダウ専用のテクニカル分析である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)