在日中国人がFX取引に「ハマっている」理由

在日中国人がFX取引に「ハマっている」理由

日本にいる中国人の間で、FX取引がひそかな人気。いずれ「ミセスワタナベ」を超える「ミセスリー」が世界を席巻する?(写真:Graphs/PIXTA)

日本で暮らす外国人の間で、「FX取引」(外国為替証拠金取引)がじわりと広がっている。在留資格を持っている外国人は200万人超。FX取引がとりわけ盛り上がっているとされるのが、約70万人と「最大勢力」の中国人だ。

FX会社であるFXプライムbyGMOには、「在日中国人向けのトレードセミナーを開催してほしい」との依頼が何度も寄せられた。そこで同社が思い切って開催したところ、30人を超える中国人トレーダーが集まった。FXセミナーで講師を務めた同社の高野やすのりチーフストラテジストは、「為替のチャートを表示するたびに、前に出てきてスマートフォンで写真を撮ったり、部屋の各所で討論が始まったりした。参加者はとても積極的で、日本人よりもずっと真剣だった」と、セミナーの様子を話す。

■リーマンショック時、1日で300万円が消えた

今回は、セミナーの開催をFXプライムbyGMOに依頼した、上海出身のZさんに取材した。

Zさんが夫の仕事の都合で来日したのは、12年ほど前のことだ。当時、幼い子どもを抱えて、言葉が通じない日本で暮らすのは、不安だらけだったに違いない。「しばらくは家に閉じこもって生活していて、『外に出なくては』と、仕事を始めたこともありました。でも子どももまだ小さく、言葉の壁を越えるのは思いのほか大変で。そんなとき、テレビでFX取引を知った」そうだ。

ミニ株に投資したことはあっても、FXのことはまるで知らなかったZさん。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)