5日間で会社が変わる「短期集中会議」の凄み

5日間で会社が変わる「短期集中会議」の凄み

ブルーボトルコーヒーで行われた実際のスプリントの様子(写真:Branden Kowitz)

ブルーボトルコーヒー、ウーバー、フェイスブック――。名だたる米国のスタートアップから一流企業までが取り入れ、驚くべき成果を生んでいる「超短期集中型会議」がある。その名も「SPRINT(スプリント=短距離走)」だ。

スプリントは新たな製品やサービス開発を目的とした会議で、特徴は5日間で行われること。そう、たった5日間である。ただし参加者(7人以下)は、その5日間、1日のほとんどをスプリントのためだけに使うことを求められる。

スプリントのプロセスでは、月曜日から金曜日まで毎日すべきことが明確に決められている。たとえば、月曜日には現状の問題を洗い出し、火曜日にはアイデアを出す、さらに木曜日にはプロトタイプを作り、最終日の金曜日には顧客テストを行う。この結果をベースに、企業は新たな製品やサービスの開発を進めたり、軌道修正を図ったりできるというわけだ。

もともとはグーグルで活用されていたのが、同社の投資部門GV(旧グーグル・ベンチャーズ)を通じて多くの企業で利用されるようになった。スプリントの生みの親で、このメソッドを『SPRINT最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法』にまとめたジェイク・ナップ氏は先頃までGVでデザインパートナーとして、100以上のスプリントにかかわってきた。製品やサービスのデザインを重視する思考を取り入れたスプリントが多くの企業の開発会議に革新をもたらしているのはなぜか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)