日本株を「断捨離売り」している人の正体

日本株を「断捨離売り」している人の正体

「日経平均は、平成バブル期と比較すると、3万円のイメージのほうが実態に近い」と筆者は言う。どういうことか(撮影:尾形文繁)

■今回は「日経平均2万円で終了」ではない

6月2日に、日経平均株価が2万円を1年半ぶりに回復した(2万0177円)。筆者は、このコラムでも「日経平均2万円は単なる通過点だ」と申し上げてきたのだが、「この2万円は2万円を達成するための2万円ではない。少なくとも2万3000円へ行くための2万円だ。もしかしたら、2万5000円のための2万円かもしれない」と筆者は考える。

もちろん6月は海外ファンドの「年度折り返し地点」であり、後半の方針次第で相場の様相は一気に変わる。昨年の6月は見事な底値となったが、1昨年の6月は高値圏で、その後の下げに苦しんだ記憶がまだ新しい。しかし今年(今回)はどうだろう。昨年末から失敗している2万円挑戦は実に6回に及んだ。今回も上昇に対して自信が持てず、その様相も高かったため、信用売り残高は8年ぶりに1兆円台に乗せた。また、連日高水準の空売りが続いたことで、市場にはなお膨大な買い戻しエネルギーがたまっている。

さらに日経平均のEPS(1株利益)は約1400円となっており、これに新年1月5日に出現したPER(株価収益率)16.6倍を適用すると、無理なく計算できる高値が2万3000円台になる。円高水準にあるのだから、到底無理ではないかという見方もあるが、筆者にしてみれば、「行き過ぎ(オーバーシュート)で2万5000円」も決して荒唐無稽な目標値ではない。

また、チャートの見方で迷ったら、日足より週足、週足よりは月足を、さらに月足より年足を信じよと言われるが、2016年の日経平均の年足は2017年の大相場を暗示する「手繰り線」(いったん大きく下落するが、そのあとグンと値を戻す形のローソク足)となっている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)