「浮気するダメ夫」の中には善人と悪人がいる

「浮気するダメ夫」の中には善人と悪人がいる

浮気の受け止め方も着地点もいろいろです(写真:Graphs / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール、専用サイトで受け付けています

私はがん闘病中なのですが、その最中に夫に浮気されました。夫の言い分は、「食事を共にする友人にすぎなかったが、ある日ホテルに誘われた。しかし妻への罪悪感から無理と感じて何もしなかった。相手の女性に何の恋愛感情もなく、彼女からもホテルに誘ったことを謝罪してきたので、その後も普通に会食してきた。アジア系の外国人で、すでに帰国しており、今はその国へ出張した際に一緒に飲食する程度」というものです。

しかし夫が海外出張先から帰ってきた荷物の中に、女性から夫へのラブレター日記が入っており、そこには乙女心がつづられていました。私が病と命を懸けて闘っているときになぜ?と、奈落の底に突き落とされる感覚でした。

私は手術、抗がん剤治療を受けてきましたが、今は再発なく元気に暮らしています。発病当時、「絶対に君を助ける、全力で支える」と泣きに泣いて誓った夫でした。夫は過去にも、何度か浮気をしています。大体の相手は、夫の収入目当ての卑しいやからでした。そして昔、夫も初期のがんにかかりましたが、幸運なことに克服しています。その時の私の付き添い看護や体調管理に、私を命の恩人と呼び、今後は絶対に私を裏切らないとも誓っていました。

夫は私が証拠を突きつけると平謝りし、相手女性にはすぐにメールで別れを告げ、今度こそ改心するから出て行かないでほしいとすがりついてきます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)