「米国株」グンと値上がりしたトップ100銘柄

「米国株」グンと値上がりしたトップ100銘柄

「米国株」グンと値上がりしたトップ100銘柄

米国で主要企業の決算発表が一巡。スタンダード&プアーズ(S&P)の調べによると、S&P500構成銘柄のうち75%の会社がアナリスト予想を上回る堅調ぶりで、情報通信や金融の増益が目立った。

ただ、足元では自動車の販売台数が伸び悩むなど一服感がある。さらに、肝心のトランプ政策もオバマケアの見直しに苦戦して以降、議会の壁にぶつかった。米国市場は強さと弱さの両面を見せているのが現状だ。東洋経済オンラインは、『米国会社四季報』編集部の協力を得て米国を代表するS&P500を構成する銘柄のなかで、2017年初から5月12日の終値ベースで株価が上昇した会社トップ100をランキングした。

首位のアクティビジョン・ブリザードはゲーム大手。PS4など世界で人気の高いアクション・シューティング・ゲームを数多くそろえる。戦争をテーマにした「コールオブデューティ」のほか、「ディスティニー」「オーバーウォッチ」などが代表作だ。近年では「キャンディークラッシュ」などスマホ向けゲームのキングを買収し、収益を補完し事業に厚みが増した。ゲーム業界では9位にエレクトロニック・アーツもランクイン。スポーツの「FIFA」「NBAライブ」、戦争ゲームの「バトルフィールド」など、こちらも世界規模で人気シリーズを展開する。

2位のバーテックスは希少疾病の領域を得意とするバイオ製薬。6位のイルミナは遺伝子解析サービスを展開。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)