Nゲージ大手3社、価格・製品戦略は大きく違う

Nゲージ大手3社、価格・製品戦略は大きく違う

鉄道模型産業の実態を学術的にアプローチした(撮影:尾形文繁)

わが国の鉄道模型産業について、経済学からの学術的なアプローチは皆無である。鉄道模型は縮尺・軌間に応じてさまざまな規格があり、異なる規格の模型では互換性がない。

主要な規格は、O、HO、N、Zの4つに大別される。日本で最も普及している規格はNで、模型軌間は9ミリメートルである。欧州や北米ではHOが普及している。

歴史的な産業発展・技術発達の経緯、愛好家の嗜好などから、規格の標準化が進められてきた。こうした規格の存在から、鉄道模型市場は単なる愛好家の嗜好ではなく、鉄道模型産業として確立されてきた歴史的な経緯が読み取れる。

■国内には約60事業者が存在

日本の鉄道模型市場では、N、すなわち「Nゲージ」と呼ばれる1/150スケールの鉄道模型が最も主力で市場の約80%を占め、次いでHOゲージ(16番ゲージ)と呼ばれる1/80スケールの鉄道模型が約20%を占める。また、この鉄道模型市場には、国内外のメーカー、個人事業者や愛好家サークルに近い事業者まで含めると60者程度が存在すると推定されている。

鉄道模型市場を構成する主要メーカーは、「KATO」ブランドで鉄道模型を製造している関水金属、「TOMIX」「ジオコレ」ブランドのトミーテック、「マイクロエース」ブランドのマイクロエースが主要3社で、この3社で約8割のシェアを占める。このほかには「GREENMAX」ブランドのグリーンマックスなどもある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)