反抗期のない男の子は4割超

反抗期のない男の子は4割超

男の子4割に反抗期ナシ「今どき親子」の実態

男の子4割に反抗期ナシ「今どき親子」の実態

親子関係が密接になっているとはよく言われます。今回実際に調査してみたところ、母と娘のみならず、母と息子の関係性に大きな変化が起こっていることがわかりました。なぜでしょう(写真:Fast&Slow / PIXTA)

近年、親子の距離感は近づいているように見えます。友達のように仲のよい親子が見受けられ、「友達親子」という言葉もいまや定着しました。

実際のところ、現在の親世代が子どもだった頃と比較して、どのような変化が見られるのでしょうか。明治安田生活福祉研究所ときんざいが行った「親子の関係についての意識と実態に関する調査」の結果から、10代後半〜20代の若者(以下、親との対比においては「子ども」と表記)とその親(10代後半〜20代の子どもをもつ30代後半〜50代の親)との親子関係について、興味深いデータをご紹介します。

反抗期のない子どもが増加





まず、親と子どもに対して、反抗期の有無と、反抗期があった場合にはその時期を尋ねたところ(親についても自身の反抗期を回答)、反抗期の時期は親子・性別を問わず「中学生時代」の割合が最も高く、次いで「高校生時代」となっています。

ただ、「反抗期と思える時期はなかった」は、親が3割に満たなかったのに対し、子どもは男女ともに高く、男性42.6%・女性35.6%で、特に男性は親の28.1%より14.5ポイントも高くなっています。反抗期を経験していない子どもが以前よりも増えているようです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)