ドムドムとマックに深い因縁

ドムドムとマックに深い因縁

ドムドムの落日とマクドナルドとの深い因縁

ドムドムの落日とマクドナルドとの深い因縁

長い歴史を持つ「ドムドムハンバーガー」。その歴史とマクドナルドとの浅からぬ因縁とは?(撮影:今井康一、編集部)

■ドムドムはマクドナルドよりも長い歴史を持つ最古参

ドムドムハンバーガー。ダイエー最盛期を知る世代なら、この名前に親しみのある人は少なくないはずだ。主にダイエー店内の食品売り場に併設されるハンバーガーショップとして、1970年から歴史を刻んできた。働き盛りの30〜40代の人の中には「子どもの頃、休日に親との買い物の帰りに寄った」という思い出があるかもしれない。

そのドムドムが、ダイエーグループを離れる。運営元のダイエー子会社、オレンジフードコート(本社・東京都江東区)が、ホテル事業などを手がけるレンブラントホールディングス(本社:神奈川県厚木市)に「ドムドムハンバーガー」現55店舗のうち36店舗を7月にも譲渡。残りの店舗はクレープ店などへの事業転換を検討している。

知る人ぞ知る話だが、ドムドムは日本のハンバーガーチェーンとしてはあのマクドナルドよりも長い歴史を持つ最古参。ダイエーの外食事業におけるフラッグシップ(旗艦)として、最盛期の1997年には全国に355店を展開したが、その後は縮小の一途をたどってきた。

もちろん、親会社であるダイエーグループ自体の凋落(ちょうらく)は最大の要因に挙げられる。ただ、それだけでは片付けられない。これを読み解くためにはダイエー創業者・中内功(力=突き抜けない)とマクドナルドとの浅からぬ因縁、そしてダイエーがドムドムと併せて手がけた「ウェンディーズ」の歴史も理解しておく必要がある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)