ワインの歴史変えた「1976パリスの審判」とは

ワインの歴史変えた「1976パリスの審判」とは

1976年の「伝説のブラインド・テイスティング」を東京で――。カリフォルニアワインがフランスの名門ワインに勝ち、ワインの歴史を変えた「パリスの審判」を「再現」。9人の審査委員が軍配を上げたのは、米仏どっちのワインだったのか(筆者撮影)

■カリフォルニアワインがフランスにまさかの勝利

突然だが、「パリスの審判」という「大事件」をご存じだろうか。

いまから41年前の1976年5月24日、長いワインの歴史の中でも特筆されるべき「20世紀最大の事件」が起きた。場所はパリのインターコンチネンタルホテル。当時「世界の一強」として君臨していたフランスのワインが、アメリカのカリフォルニアワインに「ブラインド・テイスティング」(銘柄を隠しての試飲)で「まさかの敗北」を喫したのである。ワイン通なら一度は聞いたことがある大事件だ。

「ブラインド・テイスティング」イベントの主たる企画者は、フランスでワイン・スクールを開講していた英国人のスティーヴン・スパリュア氏。同氏が主催するスクールに通う、フランス在住のアメリカ人の生徒や顧客などが「お土産に」、と持って来るカリフォルニアワインが、ことのほか品質が高かったために、フランスで紹介することに決めたのだ。

もともとのイベントの目的は「フランスVSカリフォルニア」ではなく、あくまで「アメリカのワインも結構いけますよ~」という、いわば「カリフォルニアワイン紹介の会」のノリだった。それゆえカリフォルニア産のワインを多めにしつつ、テイスティングのルールを以下に定めた。

・赤ワインと白ワイン各10本を試飲。内訳はカリフォルニア6銘柄、フランス4銘柄ずつ。「迎え撃つ」フランスの各4銘柄は、赤がボルドーのメドック地区産、白がブルゴーニュ産の「名門最高級格」のワイン。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)