カリスマ投資家注目「待機児童関連銘柄」とは

カリスマ投資家注目「待機児童関連銘柄」とは

政府は待機児童の解消時期目標を先送り。結果的に、意外な銘柄が上昇することに(写真:tkc-taka/PIXTA)

日経平均株価は6月2日に1年半ぶりの2万円台回復。カリスマ投資家の内田衛氏はそれとは関係なく、2月本決算会社の株主総会にどんどん出席。その間、リソー教育など持ち株の大半はきっちり上昇したのであった。内田氏は6月相場をどう見ているのだろうか。

■リソー教育が「リソー的」な値動きをしている

【5月22日(月)】先週末の日経225先物は、50円高の1万9620円。NYダウは、141ドル高の2万0804ドル。リソー教育(4714)は、2円高の844円で寄り付き、すぐに2円空けた窓を埋め842円を付け、大引けにかけて上昇。21円高の863円で引けた。まさにリソー的な値動き。日経平均株価は、87円高の1万9678円と小幅続伸。

【5月23日(火)】午前5時半、日経225先物は、20円高の1万9640円。NYダウは、89ドル高の2万0894ドル。JR株が強い。JR東海(9022)以外、JR東日本(9020)、JR西日本(9021)、JR九州(9142)(100株保有)がそろって年初来高値更新。機関投資家の買いが入っているのかな。日経平均は、65円安の1万9613円と小反落。

【5月24日(水)】午前5時半、日経225先物は140円高の1万9780円、NYダウは、43ドル高の2万0937ドル。リソー教育は、年初来高値更新後、下げに転じ、15円安の862円。5月末の四半期配当7円の権利取りで上昇してきたが、権利を取らず利益確定が出たのではないか? 日経平均は、129円高の1万9742円と反発。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)