エンジニアは「40歳になれば年寄り」ではない

エンジニアは「40歳になれば年寄り」ではない

エンジニアは「40歳になれば年寄り」ではない

ぼへちゃん、今日も夜遅くまでお仕事でした。

AIが話題になっている昨今ですが、開発の現場は相変わらず慢性的な業務過多が続いています。特に開発の締め切り間際にはテスト段階で予想外の不具合が見つかることもあり、連日のように帰宅が深夜になることが珍しくありません。

1990年代からこの業界で働いてきたぼへちゃんも40代です。締め切り前の忙しさは何度も経験していますが、若い頃と違い、最近は体力の衰えを感じてきました。お家に帰ってきたときの疲れ具合が、昔と比べて大きいのです。

やっぱりこの業界、若いうちしか働けないということなのでしょうか。そんな不安を感じていたところに、スマホアプリを作った82歳のおばあちゃんがアップルのイベントに招待された、というニュースが飛び込んできました。

高齢者ならではの視点でつくられたインターフェースは、若い世代の技術者ではなかなか気づかないもの。アップルのティム・クックCEOも感心していたようです。

いくつになってもプログラミングはできる。82歳のおばあちゃんから見たら自分なんて若い。もっともっと頑張れる。そんな勇気をもらえるニュースでした。

1

関連記事(外部サイト)