「ボーナスを貯金しない人」に欠けている視点

「ボーナスを貯金しない人」に欠けている視点

ボーナスが毎月の赤字の補?に使われているという人は、家計の見直しが急務となる(写真:xiangtao / PIXTA)

いよいよ夏のボーナスの季節がやってきますね。三菱UFJリサーチ&コンサルティングが4月に発表した「2017年夏のボーナス見通し」によると、民間企業(事業規模5人以上)のボーナスは2年連続で伸び、今年の1人当たりの平均支給額は36万8272円(前年比0.9%増)となる見通しです。

ボーナスの使い道は人それぞれだと思いますが、「貯金」に回すという人も少なくないでしょう。実際、日本人は世界屈指の「貯金好き」で、2017年3月末時点の銀行や信用金庫などの預金残高は1053兆円と、過去最高に。また、5月に総務省が発表した「家計調査報告」によると、2人以上の世帯の平均的な貯蓄額は1820万円に上るということです。

■現役世代の貯蓄額は年収の約2倍

一方、平均年収は614万円なので、ざっくり年収の3倍貯蓄があるという計算です。筆者もよく、「どれくらい貯蓄があるといいか」と質問されますが、この問いへの模範回答は「年収の3倍」だと思っています。

ただし、上記の貯蓄額はまだ働いている現役世代と、すでに退職しているリタイア世代の貯蓄額の平均であり、現役世代にとっては「え!」という感覚もあるのでは。そこで、平均貯蓄額を現役世代とリタイア世代に分けると、それぞれ1299万円と、2385万円となります(ちなみに、リタイア世代で貯蓄額が2500万円以上ある世帯は全体の3分の1に上ります)。つまり、平均的な現役世代では年収の約2倍の貯蓄があるということになります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)