福岡の難病男性が「人とITの力」で見つけた夢

福岡の難病男性が「人とITの力」で見つけた夢

病気で歩行が困難になっても、積極的に出かけてさまざまな人と交流する落水洋介さん。ベンチャー企業「WHILL」の電動車いすを使っている(撮影:長ア辰一)

PLS(原発性側索硬化症)という病気をご存じだろうか。100万人に1人の確率で発症する、非常にまれな神経系の難病だ。全身の筋肉がだんだん動かなくなり、話すことが困難になり、やがて自力呼吸もできなくなる……。頭脳や精神はしっかりしているのに、自力では何もできなくなってしまう過酷な病である。今のところ、病気の進行を止めたり治癒したりできる治療法はない。

福岡県北九州市に住む落水洋介さんは、2013年にPLSを発症。当時、子どもは1歳と4歳で、安定したインフラ系の会社に転職したばかりだった。4年経った今、歩くのは困難になり、快活だった話しぶりはかなりゆっくりに。それでも夢を持ち、電動車いすに乗って、積極的に講演やボランティア活動に出かけている。そこには応援してくれる人たちとの出会いがあった。

もともとは、かなりのスポーツマンだった落水さん。小1で始めたサッカーは、高校生まではプロになりたいと思うほどの技量だった。昨年4月、サッカー元日本代表の大久保嘉人選手(現・FC東京、当時は川崎フロンターレ)が、試合でゴールを決めた後に「落水洋介負けるな」と書かれたTシャツを掲げたことを複数のスポーツ紙が報じた(日刊スポーツ・コム「川崎F大久保『負けるな』闘病中親友に贈るゴール」)。小学校時代、落水さんと大久保選手は北九州市の選抜チームで一緒にプレーしていたからだ。



そんな落水さんが体調の異変に気づいたのは、30歳のときだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)