英タワマン火災は、なぜ大惨事になったのか

英タワマン火災は、なぜ大惨事になったのか

グレンフェルタワー火災の犠牲になった人たちへの追悼メッセージボード(現地で筆者撮影)

6月14日未明、ロンドン西部にある24階建てのタワーマンション「グレンフェルタワー」で発生した火災が、大きな衝撃を与えている。同タワーでは瞬く間に火の手が広がり、少なくとも住民17人が死亡、約80人近くが負傷する惨事となった。

現地メディアは炎に包まれて燃える高層ビルや逃げ惑う人々の様子を刻々と報道。批判の矛先は、住宅の管理に責任を持つ地方自治体や、改修工事を請け負った建築会社に向けられている。数百人が住んでいたタワマンで何が起こったのだろうか。

■支援物資を配布する人が足りない

筆者は15日午前、グレンフェルタワーの近くまで出掛けてみた。警察がタワー周辺に進入禁止テープを貼っていたため少し離れた位置から見るしかなかったが、様子を窺い知ることはできた。真っ黒になったタワーの窓の一部からは、まだ煙も立ち上っていた。

最寄り駅ラティマーロードから歩いて数分の位置にタワーがある。駅のそばにはコミュニティ教会があり、「お茶を飲みたい方、Wi-Fiを使いたい方は中にどうぞ」という貼り紙があった。コミュニティ教会の壁には犠牲者への追悼のメッセージを書けるようになっており、花束も置かれていた。

コミュニティ教会の隣の空きスペースには、着の身着のままでタワーを出ざるを得なかった住民のための支援物資がたくさん積まれていた。パンや毛布、家具、赤ちゃんのおむつ、水が入ったボトル、洋服、家具など。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)