ハーレー、日本で最も売れる「アメ車」の魅力

ハーレー、日本で最も売れる「アメ車」の魅力

ハーレーが人気な理由とは

昨年の自動車業界のニュースの中で、衝撃的だったことのひとつにフォードの日本市場撤退があった。かつての米国ビッグ3の一員であることに加え、第2次世界大戦前にはわが国で生産も行っており、その後もマツダとの共同開発車を販売するなど、日本との結び付きが強いブランドだっただけに驚きだった。

この結果、わが国に正規輸入されている米国車は、GM(ゼネラルモーターズ)のキャデラックとシボレー、FCA(フィアットクライスラー)のクライスラーとジープという顔ぶれになった。

■日本でいちばん売れている米国車はハーレー

日本自動車輸入組合が発表した2016年度の新車登録台数を見ると、トップはジープの9745台で、2番手以降はシボレー593台、キャデラック585台、クライスラー240台となっている。

つまり日本でいちばん売れている米国車はジープ、となりそうだが、実際にはジープより売れている米国車がある。ハーレーダビッドソンだ。同じ日本自動車輸入組合の数字で見れば1万0766台と、すべての4輪車ブランドの上を行き、唯一の1万台超えを果たしている。輸入小型2輪車(251cc以上)全体では2万2204台だから、約半分はハーレーということになる。

ちなみに同クラスの国産車の数字は、全国軽自動車協会連合会が発表したデータによれば、首位はヤマハ発動機で1万2861台、以下はホンダの1万1802台、川崎重工業9244台、スズキ5756台と続く。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)