サッカーも人生も「ミス」をするから面白い!

サッカーも人生も「ミス」をするから面白い!

日本代表戦は大人気だがJリーグは厳しい状況だ。熱心なファンをどう増やすのか(写真:Jリーグ)

設立から25年目、サッカーJリーグが大きな節目を迎えている。近年のJリーグは試合中継の放映権料やスポンサー収入が伸び悩み、資金難に直面していた。だが昨年、世界中でスポーツメディアを展開する英パフォーム・グループと10年間、合計2100億円の放映権契約を締結。衛星放送のスカパーJSATが試合を中継してきたが、パフォームのスポーツ動画配信サービス「DAZN」(ダ・ゾーン)に変わった。

これを機にさまざまな改革を打ち出したJリーグだが、2014年に就任した村井満チェアマンは当初からJリーグの改革を訴えてきた。Jリーグと54のクラブをどのように成長させていくのか。村井氏に聞いた。

――2014年のチェアマン就任当時は、財政的にかなり厳しい状況だった。Jリーグ、クラブにどんな問題があったのか?

就任したのは資金難から2ステージ制の導入を決めた後で、財政的に苦しかった。プロの興行なので、まずは財政基盤の確立が課題だった。本当に資金が枯渇していて、競技に影響は出るし、育成にもカネが回らない。今後の環境整備のためにも投資が必要だったが、負のスパイラルに入っていたのでなかなか手を打てなかった。

現在、日本代表チームに関しては、スター選手が独ブンデスリーガや英プレミアリーグのクラブで活躍してブランド力がつき、スタジアムも代表戦は満員。強化資金も充当できるいい循環になっている。

一方で、Jリーグは厳しい状況だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)