ドイツの10代は「初恋人」を社交ダンスで作る

ドイツの10代は「初恋人」を社交ダンスで作る

日本においては中高年が趣味として行うイメージのある社交ダンスですが、ドイツにおいては10代のメジャーな習い事。彼らは、そこで恋愛デビューをし、「カップル文化」が隆盛なドイツ社会での身のこなし方を学んでいくのです(写真:bee / PIXTA)

日本では、近年「おひとりさま」が市民権を得ています。カフェやレストランでは1人客は珍しくありませんし、旅行会社には女性の1人旅をうたうプランがあります。最近では、カウンターで「ひとり焼き肉」を楽しめる焼き肉屋さんも出てきました。

一方、筆者の母国であるドイツの状況はというと、公の場での、特に女性のおひとりさまへの風当たりは強いのです。「世界の男女平等ランキング」では13位と比較的上位〈ジェンダー・ギャップ指数(世界経済フォーラム「ジェンダー・ギャップ指数2016」)より。日本は111位〉のドイツ。しかし女性がひとりでレストランに入れば、空いている席がたくさんあってもいちばん端っこの狭くて居心地の悪い席に案内されてしまうことも。旅に関しては、そもそも「1人で旅をする」という発想自体がほぼタブーなのです。

女おひとりさまのみならず、ドイツでは女同士でワイワイする、つまり「女子会」に対する視線も日本と違ってなかなかシビアです。一応、Weiberabend(女子会)という言葉は存在しますが、そのイメージは「何か特別な事情があって、女性たちが何年かに1度開くもの」です。

■「初めての恋人」は社交ダンス教室で

ドイツでは、なんといっても「カップル文化」が隆盛なのです。催しやパーティの招待状には「パートナー(夫、妻、または恋人)とご一緒にいらしてください」と書かれているものも多く、必然的にカップルで人前に出る機会は多くなります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)