FRB「笛吹けど踊らず」、年末1ドル100円に

FRB「笛吹けど踊らず」、年末1ドル100円に

イエレン議長としては次の不況に備えて金融政策の正常化を急ぎたいところ(写真:ロイター/アフロ)

FRB(米国連邦準備制度理事会)は6月14日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で追加利上げを決定。併せて量的金融緩和で拡大したバランスシートの縮小に2017年内に着手することを声明文に記載した。政策メンバーによる利上げ見通し、いわゆるドットチャートは、年内に1回、2018年中に3回の利上げを示唆している。今後の為替見通しについてみずほ銀行チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏に聞いた。

――FRBの政策決定を受けて、今後の為替相場をどう見ますか。

足元の経済指標が強くないにもかかわらず、FRBは一過性のものとみなして、強気だった。しかし、その理屈は理解が難しい。本来あるべき姿は、経済指標が強いので、利上げしないと景気が過熱するのではないかと考えて、利上げを行うというものだ。この場合は、市場にも違和感がない。しかし、今は、物価をはじめとして指標が強くない。FRBが執拗に利上げをすると言っているので、短期の金利はそれを織り込んで上昇しているが、その先については懐疑的なため、長期金利が追随していない。そのため、ドルもあまり上昇しない。

■歴史的にも利上げが始まるとむしろドル安に

歴史的にも、利上げをしたから長期金利が上がるということには、実はなっていない。2004〜2006年にグリーンスパン議長(当時)が17回連続で累計4.25%ポイント政策金利を上げたが、長期金利は0.5%しか上がらなかった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)