コンプレックス男が劇的に人生を変えた理由

コンプレックス男が劇的に人生を変えた理由

心臓病とともに歩む親子が主役のイベント「Challenging Heart Day」

これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第2回。

■医療福祉とエンターテインメントをかけ合わせる

クラブミュージックやライブ演奏を楽しみながら、がんや臓器移植などについても学べる音楽イベント「SOCiAL FUNK!」、タイムトラベル式のシミュレーションゲームの被験者となり、タブレットと車いすを使って未来の医療福祉の世界を体験するイベント「The Six SENSE」、国籍や年齢、障害の有無などの垣根を越えて音楽とアートが楽しめる、子供たち主催のイベント「Kodomo Music & Art Festival」などなど――。

暗くシリアスにとらえがちな医療福祉のテーマを、エンターテインメントで形にしてみせる団体がUbdobe(ウブドベ)だ。

2008年に始動し、2010年にはNPO法人化。本部の常駐スタッフは理事を含めて5人だが、全国の支部メンバーのほか、イベントごとに多くの人を巻き込んで歩みを進めており、発足後しばらく1000万円前後だった経常収益は、2015年度に約4400万円、2016年度に約1億0500万円とここ最近は指数関数的に伸びている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)