競馬の「馬主」に富裕層以外が増えているワケ

競馬の「馬主」に富裕層以外が増えているワケ

5月28日に開催された競馬の祭典「日本ダービー」を制したのは、2番人気のレイデオロ(クリストフ・ルメール騎乗)だった。レイデオロは、1頭の馬の所有権を細分化して馬主になる「一口馬主」たちの所有馬だ (写真:つのだよしお/アフロ)

中央競馬は春のGTシリーズがようやく一段落。3歳馬のレース「クラシック」の頂点を争う日本ダービーは5月28日に開催され、レイデオロが制覇した。名伯楽の藤沢和雄調教師(藤沢和師)が悲願のダービートレーナーに。藤沢和師は、その1週間前、5月21日のオークスもソウルスターリングで制しており、2週連続のクラシック制覇だった。

レイデオロに騎乗したクリストフ・ルメール騎手は、スローペースを見越して向こう正面で一気にまくる絶妙の騎乗。まさに「ルメールマジック」で日仏ダービージョッキーとなった。ルメール騎手はオークスのソウルスターリングにも騎乗。同馬の母スタセリタで仏オークスを制した時と同じように2番手から鮮やかに抜け出した。春のクラシックは藤沢和・ルメールのコンビが席巻した。

ダービーが終わったかと思うと、翌週からは早くも来年のダービーへ向けての戦いが始まる――。6月になると始まるのが、2歳になった馬がデビューする新馬戦だ。

今年の2歳馬の中で早くも注目されているのが、ジナンボー(牡、美浦・堀厩舎)である。父は7冠馬ディープインパクトで、母が5冠馬アパパネ。父母合わせて12冠の超良血が6月11日の東京の新馬戦を圧勝した。

ダービーについて、海外の格言がある。「ダービー馬の馬主になるのは一国の宰相になるより難しい」という言葉だ。

かつてのイギリスのウィンストン・チャーチル首相の言葉とされていたが、どうやらそれはよくできた作り話だったようである。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)