「寝不足の人」が太りやすくなる3つのワケ

「寝不足の人」が太りやすくなる3つのワケ

睡眠時間が短いとなぜ太りやすくなってしまうのでしょうか(写真 : kou / PIXTA)

ラーメン、ポテトチップスなどのスナック類、クッキー、チョコやアイスなど甘い物……夕方以降や夜寝る前に「ダメだ、ダメだ」と思いつつ、ついつい思った以上に食べてしまうことはありませんか?

ダイエットでつまずくのは、たいていこのように食欲をコントロールできなくなる時。それまでやせるために(太らないために)努力をしてきたのに、なぜかこの異様な食欲には勝てず、タガが外れて食べてしまうのですよね。

「今までの努力が台なし! 意志、弱すぎ!! なんてダメな自分!!!」と、ドカ食いを悔い、自分を責めてしまいがちですが、実はこれ、あなたの睡眠時間が短いことが原因かもしれません。食欲と睡眠の長さには、意外な関係があるのです。

■ボーダーラインは5時間

米コロンビア大学が2005年に行った、ある興味深い調査結果があります。32〜59歳の男女8000人を対象に調べたところ、平均7〜9時間の睡眠時間の人に比べて、4時間以下の睡眠の人の肥満率は73%も高かったのです。

また、5時間睡眠の人でさえ、肥満率が50%も高いと報告されました。32歳から59歳というと働いていたり、子育てをしていたり、その両方であったりで、とにかく忙しいので気をつけていないと平気で5時間睡眠を切っちゃいますよね。それでは、睡眠が短いとなぜ太りやすくなるのでしょうか?

米スタンフォード大学が2004年に行った調査では、睡眠時間は食欲と関係していることがわかりました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)