孫社長、「後継者はAIではなく人間にしたい」

孫社長、「後継者はAIではなく人間にしたい」

今回の株主総会では、孫社長の後継者に関する質問も多かった(撮影:今井康一)

「風邪をこじらせた」という孫正義社長は終始せき込み、目も充血してつらそうだったが、最後まで一人で議事を進行した。6月21日、ソフトバンクグループが東京・有楽町で株主総会を開催した。中国アリババのユン・マー会長以外の取締役と5人の新任取締役が出席した。来場者数は2189人(前年比2人減)、所要時間は前年より58分短い1時間53分だった。

議長である孫社長は、61分かけて現在の事業環境やビジョンを説明。業績面では2017年3月期の営業利益が1兆円を超えたことを強調した。

「利益で1兆円、2兆円と数えるかもわからない。ホラですからね、風説の流布ではないですが」と語った2004年の株主総会の動画を見せて、「当時は赤字で『倒産するんじゃないか、株価は真っ逆さまだ』だと株主に言われた。株主にさんざんしかられた揚げ句に『ホラを吹いてくれないか』と言われて吹いたホラだった」と当時の心境を明かした。

■最初の質問は永守氏に向けたものだった

このほか、決算を締めた3月末以降に起きた後発事象として、米グーグルから買収したロボット開発会社の米ボストン・ダイナミクス社を紹介。人工知能を使って血液検査でがんを発見する米ガーダント・ヘルス社を買収したことにも言及し、「ソフトバンクは携帯会社ではなく情報革命の会社。同志的結合を増やしている」と買収の意図を説明した。

ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)