自分の「年収の増加率」を知っていますか?

自分の「年収の増加率」を知っていますか?

経済の外に踏み出しているように見える話が、実は、中心の命題にかかわってくる(撮影:今井 康一)

この星は欲望でつながっている。

やめられない、止まらない、欲望が欲望を生む……。

わたしたちはいつからこんな世界を生きているんだろう?

2016年5月に放送されるや大反響を巻き起こしたNHKの異色の本格派経済教養ドキュメンタリー『欲望の資本主義』が、未放送インタビューとともに書籍化された。

ジョセフ・E・スティグリッツ、トーマス・セドラチェク、スコット・スタンフォードら世界の知性と対談し、番組ナビゲーターを務めた気鋭の若手経済学者で大阪大学准教授の安田洋祐氏、NHKエンタープライズエグゼクティブ・プロデューサー丸山俊一氏、ディレクター大西隼氏が、番組制作の裏側を語った。

■「そのモデルを疑う視点はないのだろうか?」

――NHK『欲望の資本主義』は、コンセプトも映像表現も非常にユニークでした。

丸山:数年前から、経済そのものをさまざまなフレームで問い返すことはできないか、もやもやと思ってはいたんです。そんなとき、たまたま観たハリウッド映画『インセプション』(2010)から着想をもらって、「無意識」と「経済」を絡めた番組ができないか、と妙なインスピレーションが生まれたんです。

「欲望」は時代が、社会が「植え付け」るもの、だとしたら……その始まり、発端(=インセプション)まで視野に入れたとき、見えてくる構図は……? 

だから原案では「欲望のインセプション」というタイトルでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)