住みよさ1位に千葉県印西市

住みよさ1位に千葉県印西市

「住みよさランキング2017」関東・東北編

「住みよさランキング2017」関東・東北編

「住みよさランキング2017」関東・東北編

全国の都市を対象にした東洋経済の「住みよさランキング」。今年も最新結果を「最新!『住みよさランキング2017』トップ50」(6月20日配信)でまとめたが、地域ブロック別でもみてみよう。今回は「北海道・東北、関東編」をお届けする。

■「関東」は1位印西、2位守谷、3位つくば

「関東」ブロックのトップは、全国1位の印西市(千葉)。2位は守谷市(茨城)、3位はつくば市(茨城)だった。

2位の守谷市は、茨城県南部に位置し、千葉県と利根川を挟んで隣接している。人口は約6.4万人(2015年国勢調査)。東京都心からの距離は約35km。つくばエクスプレスの沿線都市でここ数年は、人口・世帯数ともに増加し続けており、若い世代の住民が多いのが特徴だ。「利便度」が全国18位、「快適度」が全国25位、「富裕度」が全国65位で、この3部門が寄与している。

3位のつくば市は、茨城県の南西部に位置し、東京都心から約50kmの距離。人口は約22.7万人(2015年国勢調査)。茨城県内では水戸市に次いで人口が多い。学術・研究都市として知られ、官民の研究機関が集積。守谷市同様、つくばエクスプレスの沿線都市で人口・世帯数ともに増加し続けている。また、大型商業施設も相次いで進出している。「利便度」が全国36位、「快適度」が全国21位、「富裕度」が全国45位で、この3部門が寄与している。

「関東」ブロックでは、1位の印西市(千葉)から4位の成田市(千葉)までが昨年と変わっていない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)