最愛の夫失ったFB幹部を救った「別の生き方」

最愛の夫失ったFB幹部を救った「別の生き方」

フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグ氏は2015年、休暇中に夫を失った(写真:Alex Brandon/AP)

「リーン・イン・ザ・サック(暗い感情に身を任せなさい)」。これが、シェリル・サンドバーグ氏のラビ(ユダヤ教の師)、ナサニエル・エズレー氏が彼女の夫の葬儀で、彼女に言った言葉だった。「彼は『今後ものすごく落ち込むことがあるかもしれない』という意味だったのですが、私は『リーン・イン』(一歩踏み出すのよ)とこれに返しました」。

フェイスブックのCOO、シェリル・サンドバーグ氏が執筆し、米国で4月に発売された『Option B(オプションB):逆境、レジリエンス、そして喜び』が話題となっている。6月22日時点では、ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストのノンフィクション部門で5位につけているほか、アマゾンのビジネス書部門でも上位につけている。

前著『LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲』では、女性が社会で活躍するためには「一歩踏み出す必要がある」と提言したサンドバーグ氏。ハイテク業界を生き抜くタフなイメージのある同氏が、今回選んだ題材は「グリーフケア」だった。グリーフケアとは、死別など身近な人との別れを経験した人が、悲しみから立ち直れるようにするケアのことだ。

■「伴侶の支援があれば」キャリアを追求できる

サンドバーグ氏に悲劇が訪れたのは、2015年5月のこと。夫でハイテク企業、サーベイモンキーのCEOだったデイブ・ゴールドバーグ氏が休暇中のメキシコで、突然死したのである。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)