「住みよさランキング2017」中部・近畿編

「住みよさランキング2017」中部・近畿編

「住みよさランキング2017」中部・近畿編

全国の都市を対象にした東洋経済の「住みよさランキング」。今年も最新結果を「『住みよさランキング2017』トップ50」(6月20日配信)でまとめたが、地域ブロック別でもみてみよう。今回は「中部・近畿編」をお届けする。

■中部は全国で最もハイレベル

全国6地域ブロック中、毎年最もハイレベルな争いが繰り広げられるのがこの「甲信越・北陸・東海」いわゆる中部ブロックだ。全国総合ランキングトップ10中8市、トップ30中21市がこのブロックに集中している。そんな激戦区を今年制したのは総合評価全国2位の砺波市(富山)。昨年2位から1位に浮上した。2位は昨年まで2年連続1位だった長久手市(愛知)が順位を1つ下げた。3位には昨年6位だったかほく市(石川)が順位を3つ上げてトップ3入りを果たした。

3位のかほく市は石川県の中央部、隣接はしていないが、金沢市の北20〜25km圏内に位置する。金沢市との経済的結びつきが強い。人口は約3.4万人(2015年国勢調査)。市内には北陸地方最大級の商業施設「イオンモールかほく」がある。「利便度」が全国33位、「快適度」が全国78位、「住居水準充実度」が全国44位で、この3部門の評価が高い。かほく市はランキング上位の常連であるものの、2011年11月に市制施行した同じ石川県の野々市市が2012年のランキングに登場して以来、一度も野々市市を上回ることができずにいた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)