iPhoneは「iMessage」を使わないと損をする

iPhoneは「iMessage」を使わないと損をする

電話番号でメッセージがやり取りできる「SMS」はビジネスでも役立つ(写真:タニホ / PIXTA)

電話番号で短いメッセージをやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)は、ビジネスの場で重宝する機能だ。電話をかけるまでもないが、メールよりはすぐに返事が欲しい、かといってLINEやFacebookのメッセンジャーは、ビジネスシーンで使うのがためらわれる――SMSは、こんなシチュエーションで役に立つ。

iPhoneでは、SMSを「メッセージ」アプリでやり取りする。ただ、少々ややこしいのが、このメッセージアプリは、SMS専用アプリではないというところだ。メッセージを送る際に、相手がiPhone/iPadだと判断すると、自動でメッセージを「iMessage」に切り替えて送ってくれる。

SMSは電話回線を使った通信事業者のサービスのため、1通ごとに料金がかかる一方で、iMessageはインターネット回線を利用するため、データ量は消費するが、料金は無料だ。LINEのようなスタンプ機能があったり、音声メモを送れたりと、機能はSMS以上。上手に活用すれば、コミュニケーションの幅が広がるはずだ。今回は、iPhoneのSMSやiMessageにまつわる裏技を紹介していこう。なお、メッセージアプリではMMS(キャリアメール)も送受信できるが、ドコモが非対応なうえに他社と電話番号でやり取りできないため、ここでは割愛する。

■1.iOS同士なら「iMessage」がお得で便利

通信事業者や送信する文字の量によっても異なるが、SMSの送信には料金がかかる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)