「食べログ」レビュアー騒動で真の問題は何か

「食べログ」レビュアー騒動で真の問題は何か

飲食店が密集する都会では、「食べログ」がお店探しのプラットフォームとなっている。それだけに、信頼性の担保と向上が重要なはずだ(写真:Graphs / PIXTA)

「食べログ」(カカクコムが運営)といえば、全国で85万店以上の飲食店が登録し、月間9300万人以上が利用する、まさに飲食店情報サービスの「巨人」である。特に登録店舗の多い都市圏では、すでに飲食店情報を知りたいときに使うプラットフォームとしての地位を得ていると言っても過言ではないだろう。

食べログは、食事をした人が「星」の数による0.1刻みの点数による評価と200字以上の感想を記したテキストによって訪れた店をレビューし、それが積み重なっていく「口コミ」による飲食店評価の仕組みを持っている。

■食べログの「トップレビュアー」が渦中に

人気のレビュアーが多くいる中でも、投稿数や人気から、トップレビュアーの1人なのが「うどんが主食」氏である。店選びで頻繁に食べログを訪れる人なら、「うどんが主食」氏による飲食店レビューを見た記憶がある人も少なくないだろう。最近では、食べログのレビュアーを超えた活動にも手を広げており、2017年6月5日には東洋水産から、自身が監修したカップうどんの「うどんが主食 讃岐風うどん」も発売されている。

その「うどんが主食」氏が渦中の人となったのは、2017年6月8日発売の『週刊文春』が、都内にある高級ステーキ店から、豪華な接待を受けていると報じたためだ。この店は食べログ掲載店の中でも、「東京のステーキ店」でランキング5位と高評価。週刊文春が報じた時点では「うどんが主食」氏は、レビューで高評価を与えており、関係性を問題視する記事内容だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)