新宿-多摩、小田急と京王のどっちが便利か

新宿-多摩、小田急と京王のどっちが便利か

京王相模原線と小田急多摩線が乗り入れる多摩センター駅(記者撮影)

東京都心から西へ約30キロメートルの丘陵地帯に広がる多摩ニュータウン。同地域と都心とを結ぶ鉄道は京王電鉄相模原線と小田急電鉄多摩線の2路線があり、永山と多摩センターの2駅は両線が隣接しているが、都心部への足といえば京王線というイメージが強い。

以前から新宿方面や都営地下鉄新宿線に直通する列車が多数走る京王線に比べ、小田急は長らく折り返し列車が大半で「支線」の色彩が濃かったためだ。

だが、この十年ほどで様相は変化しつつある。小田急が発表した2016年度の小田急多摩センター駅乗降人員は5万0585人で、初めて5万人の大台に乗った。対して京王多摩センター駅は8万7551人で、いまだ3万人以上の開きはあるものの、かつては京王の半分に満たなかった小田急が6割近くまで追い上げている。

小田急は2018年春に複々線が完成し、ダイヤ改正で朝ラッシュ時のスピードが向上する予定。一方、京王も来春から、同社で初となる座席指定制の列車を運行開始する。両線の現状を比較してみた。

■昔はローカル線のようだった多摩線

多摩ニュータウンに鉄道が乗り入れたのは1974年。同年6月にまず小田急多摩線が永山まで開業し、10月には京王相模原線が多摩センターまで開業した。翌1975年4月には小田急も多摩センターまでの開業を果たしている。

京王が当初から都心へ直通する快速などを走らせていたのに対し、小田急は小田原方面と新宿とを結ぶ小田原線の輸送量がすでに逼迫していたことから、多摩線は同線内の折り返し運転となり、車両編成も短かった。「アラフォー」世代以上の人なら、1980年代半ばまでは冷房のない2両や4両編成の電車が走っていたことを覚えている人もいるだろう。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)