JR中央線快速、こうすれば混雑を解消できる

JR中央線快速、こうすれば混雑を解消できる

中央線快速は1時間に4万4400人を運ぶことができる(写真:スポッティー / PIXTA)

中央線は、現在、最混雑時1時間に30本、最短間隔は1分50秒で運転しているが、これは全国のJR路線(複線)で最大の本数である。

なお、地下鉄や私鉄を含めると、1時間に32本運転している丸ノ内線が最多の運転本数である。しかし、こちらは1両の長さが18メートル級の6両編成で、1編成の輸送力は中央線の半分にすぎない。2番目は銀座線の30本で、こちらは16メートル級の小型車の6両編成で、丸ノ内線より1列車あたりの輸送力は小さい。

■中央線快速の輸送力は1時間に4万人超

中央線は、1両20メートルで車体の裾を絞った広幅車のE233系10両編成である。日本では、常磐線の快速電車が同じサイズの車両15両編成で、1編成としては最大の輸送力である。高崎線・宇都宮線・総武快速線・横須賀線・東海道本線・常磐線中距離電車も、同じく15両編成であるが、そのうちの2両はグリーン車で定員は少なく、混雑率の計算には含まれない。

また、1時間あたりの輸送力については、グリーン車2両を含む15両編成で運転している東海道本線が1時間に19本を運転して、輸送力は3万5036人である。中央線快速は1時間に4万4400人を運ぶことができるので大きく上回る。路線の定義次第で差異が生じるが、中央線快速は国内で最大の輸送力である。続くのは、東武伊勢崎線の4万4364人であるが、こちらは複々線全体の輸送力である。中央線も、快速線だけでなく複々線の一方である緩行線の輸送力の3万4040人を加えると、7万8440人と、さらに大きな数字となる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)