「永遠に出世しない人」の話し方、7大NGは?

「永遠に出世しない人」の話し方、7大NGは?

ちょっとした話し方や聞き方で、周りに嫌われてしまったらもったいない!(写真:xiangtao / PIXTA)

みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。

このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。

前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。

第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。早速、5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。

どうすれば人に好かれ、会話が盛り上がる「聞く力」「会話力」が身に付くのか。本記事では「永遠に出世しない人」の話し方、よくある7つのダメな例を紹介します。

■無意識のダメな言動は出世にも響く

職場の中で話をしているときに、人の言動で「イラッ」としてしまうことはありませんか?

他の人の話を「最後まで」聞かなかったり、何を言っても「相手の意見を否定」したり、会話中に「相手を見ないで」話をしたり……。

しかもその言動は、本人は無意識にしてしまっていることが多いので、相手にどのように思われているか気づかないものです。

こんな「イラッ」とくる言動が積み重なっていくと「あの人はちょっとなぁ……」と聞き手の中でマイナス感情が膨らんでいきますよね。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)